HOME | 有機栽培実践講座

 
 
 
 
 

あしたを拓く「有機栽培実践講座」

 
安心できる自家菜園を楽しみたい、家族が食べる野菜は有機栽培で自給したい、有機農業者になりたいという人を対象に、有機栽培の基礎技術と実際の野菜の栽培法を紹介します。
土づくりから病害虫の防ぎ方、季節ごとの多彩な野菜の楽しみ方、耕す・耕さないの工夫やコンパニオンプランツの活用法など、最新の技術トピックスも交えて広く学ぶ場を提供します。定年帰農を考えている方や将来の就農のために「まずは入門から」とお考えの方など、働きながら学べるコースとなります。不明な点などあればお気軽にお問い合わせください。

有機栽培教室の内容

募集対象

18歳以上で有機栽培を学びたい人

開講日程

前期6ヶ月コース:4月~9月、各月2回(土曜日)、12回

後期6ヶ月コース:10月~3月、各月2回(土曜日)、12回

講習時間と内容

講義

午前11時~12時

有機栽培の基礎技術についてわかりやすくお話しします

実習

午後1時~3時

あした有機農園の畑にある各種野菜や資材(堆肥やボカシ肥料、機械器具など)を教材にして、季節ごとの作業を体験します。収穫物があれば分けて持ち帰り、調理など自習教材になります。

テキスト

解説日本の有機農法(筑波書房)、不耕起栽培のすすめ(家の光協会)

募集定員

前後期各コース:15名まで

受講料

1期 38,000円 (1回3,000円、テキスト代2,000円、一括前納) (中途からの受講もできます。その場合は受講料は受講回数分を前納いただきます)

応募手続き

受講を希望される方は、「受講申込書」に必要事項を記入し、初回開講の前月末日(前期は3月末日、後期は9月末日)までに、郵送、ファクスまたはネットからお申し込みください。

 

問い合わせ・受講申し込み先

〒309-1711 茨城県笠間市随分附1164-65

NPO法人あしたを拓く有機農業塾

TEL 090-2426-4612 FAX 0296-78-1787 

有機栽培教室の場所とアクセス

住所

茨城県笠間市小原滝川4791-1 あした有機農園
 

電車でお越しの場合

JR常磐線友部駅(北口)からタクシー約10分
ご希望の方には、駅まで送迎します。
 

お車でお越しの場合

常磐自動車道水戸ICから約10分、友部SAスマートICから約15分 国道50号の近接地(駐車場あり)

服装など準備いただくもの

● 汚れてもよい作業着、替えの下着(特に夏期)、帽子、長靴、作業用手袋、タオル、メモ用筆記具等
● 昼食弁当をご準備ください(近くにラーメン店もあります)
● 雨天日も開講。小雨時は実習を実施、強い雨の場合は講義に振り替え(晴耕雨読)

その他

申込書をいただきましたら受講料振込先のご案内などをお届けします。
受講の詳細について確認されたい方は、下記に電話またはメールでお問い合わせください。

090-2426-4612(農園代表:涌井)

MAILでの問い合わせ

【前期日程表】(月2回、第2・第4土曜日開講)

<2018年>

第1回

4月14日

【開講式】

(講義)有機栽培の考え方と技術の基本

(実習)土づくり(堆肥、またはボカシ肥料づくり)

第2回

4月28日

(講義)種子と育苗、育苗用土

(実習)苗の管理、植え付け前の畑の準備

第3回

5月12日

(講義)施肥と耕うん、不耕起栽培の話

(実習)ナス、トマトなどの定植、葉物野菜収穫

第4回

5月26日

(講義)野菜の生理(温度、光、開花と結実など)

(実習)種々の野菜の管理(植え付け、土寄せ、収穫など)

第5回

6月9日

(講義)土の中の生きもののはたらき

(実習)種々の野菜の管理、収穫、農機具の使い方

第6回

6月23日

(講義)有機栽培の病害虫対策

(実習)種々の野菜管理、収穫

第7回

7月14日

(講義)野菜の栄養(肥料の話、野菜から摂れる栄養の話)

(実習)種々の野菜管理と収穫、資材の選び方

第8回

7月28日

(講義)野菜と温度、農業気象

(実習)夏期の高温対策、果菜類の管理、秋野菜の種まき(1)

第9回

8月11日

(講義)野菜の季節性、作型の話

(実習)秋野菜の種まき(2)、雑草対策、収穫など

第10回

8月25日

(講義)多品目栽培、輪作、間混作、草生栽培

(実習)秋野菜の育苗と植え付けなど

第11回

9月8日

(講義)種子、自家採種の話

(実習)種採り、冬野菜・タマネギの種まき、その他

第12回

9月22日

(講義)有機栽培をより楽しむ方法、(実習)収穫

【閉講式】

※ 天候や野菜の生育状況などにより、講義と実習の内容は変わることがあります。
  実習中に、様々なお話をいたします。
10月からの後期コースの内容は、7月以降に作成し、案内します。