HOME | NPO法人について

 
 
 
 
 

NPO法人あしたを拓く有機農業塾について

 
 現状の日本の農業は、従事者の高齢化と後継者難により担い手不足が深刻化し、急激にその生産力を低下させています。行政や農業教育機関も就農者育成のために様々な取り組みをおこなってきましたが、新規就農を支援する多くの機関、支援窓口は有機農業に十分に精通していないなど、非農家出身の有機農業志向者の就農支援にいくつかの壁がありました。  一方、有機農業関連団体による支援活動がおこなわれてきましたが、任意団体では責任が不明確で社会的信用も弱く、遊休農地の地権者である既存農家(離農者)や行政との情報交換、あるいは直接的な交流を十分に図れませんでした。  有機農業をめざす人たちへの支援がもっと必要だと考えた当団体は、営利を目的にしないこと、その活動を広く市民とともに継続的に運営していくことを目的に特定非営利活動法人を設立しました。法人化によって、行政や農村、消費者市民などと幅広く交流でき、地域に根ざした人材育成や農村の活性化などの実現性が高まると考えました。  さらに、農村現場の受け入れ体制が充分に整わない現状では、有機就農志向者を受け入れて技術研修を担い、研修後の農地斡旋から生産物流通までの支援を行う専門的組織が必要となります。そこで、その支援システムを起ち上げ、有機農業志向者のスムーズな就農をめざします。

NPO会員の連携について

 

  • ●有機農業と有機農産物について理解促進のための諸活動
  • ●農産物販売(共同出荷、連携出荷)
    • 直売所、レストラン等への対応、納入・・・・・・搬送の分担
    • 生協、自然食品店等への対応・・・・・・受注、計画生産連携
    • 提携会員(個人購買者)との相互協力
  • ●農業機械の共同化、貸し借り融通、中古農機活用など
  • ●農作業連携・・・・・・「結い」、研修生受け入れと指導
  • ●技術・経営に関する研究、研修連携・・・・・・勉強会、見学会 等
  • ●購買者・会員、都市住民、地域住民との交流
  • ●地域耕作放棄農地の再生、周辺自然環境の再生復元作業
  • ●地域資源の有効活用、作業共同など
    • 雑木林下草刈り、落ち葉集め、生ごみ堆肥化、木質資源燃料化等

あしたを拓く有機農業塾役員

 

代表理事

涌井義郎 茨城県笠間市

副代表理事

塙 幹男 茨城県水戸市

理事

井原 均 茨城県水戸市

理事

及川隆光 茨城県笠間市

監事

太田 昌 茨城県かすみがうら市